【ご注意】

〜 たった75日で宅建試験に独学で一発合格するための宅建勉強法・2013年度最新版 〜

1.当教材は返金保証を付けていません。

当教材を「返金保証付き」と紹介しているサイトがありますが、事実ではありません。

付いているのは「無期限サポート保証」です。詳しくはこのサイトをお読みください。



2.当教材はテキストではありません。

教材タイトルどおり「勉強法」「合格法」の教材ですのでお間違いなくお願いします。

詳しくはこのサイトをお読みください。



3.当教材をヤフーオークション等に出品している

悪質な転売者にご注意ください。
当方では転売は認めておりません。著作権法違反の転売に引っ掛からないようご注意ください。

Yahoo!にはすでに通報済みです。転売品を購入されても「無期限サポート」は受けられません。

当サイトなら、75日で宅建合格する秘密が
5分で分かる!完全独学



宅建独学合格勉強法

宅建 独学


突然ですが・・・

宅建試験までわずか75日しかない状態で
「お金がないので独学で宅建の勉強をして一発合格を狙います!

と私が言ったとき、

会社の先輩や同僚たちの誰もが
かわいそうな猫でも見るような哀れみの目を私に向けて、こう言いました。

「オレだって、資格の学校の講座を受けて3年かかって合格できたんだよ。
今から独学で勉強して合格って、そんなに甘くないって。」
「おまえ、宅建の合格率が毎年15%前後って知ってて言ってるのか?」

しかし、その75日後、私が自己採点の結果をみんなに発表し、
そして12月に合格証書を手にしたのを見ると・・・

実は、どんなに忙しくて資格学校の講座へ行けなくても
また、そんなところに無理して高い受講料を払わなくても、
短期間で宅建に合格することは可能なんです。


「ある単純な方法」さえ知ってしまえば・・・。

あなたは今まで、単にこの方法を知らなかったというだけなんです。

申し遅れました。
こんにちは、山口 貴志と申します。

もし、あなたがかつての私のように

■お金がないので、できれば独学で宅建に合格したい

■仕事に拘束される時間が長すぎて、終業後に資格学校になんて行けない。
それでもなんとか宅建を取りたい

■試験本番まで時間がないが、それでもなんとか宅建に合格したい


そう思っているのでしたら、
今すぐこの宅建スピード合格法で
勉強してください。




宅建独学合格勉強法

宅建 独学


行政書士の先生から推薦状を頂きました!

宅建合格者の私もおすすめします
私も宅建合格者で、分かるのですが
宅建試験はそんなに甘い試験ではありません。
法律試験の登竜門と言えるだけの知識と理解を
必要とします。


試験範囲は、民法から建築基準法、宅建業法、
そして様々な特別法と多種多様に広がっています。

この試験に合格するには、かなりの知識が要求され、
少なくとも合格最低点が50点満点中の35点、
つまり7割以上も取る必要があります。

また、暗記事項が多いこともこの試験を難しくしています。
このノウハウ本の著者は、かなりハードな仕事をこなしながら、
僅か75日の短期間で一発合格されています。

失礼ですが山口さんが、かなりの秀才とは思えません。

しかしこのマニュアルには、宅建試験をはじめ、
あらゆる試験合格のための勉強方法のノウハウが示されていると思います。

というのも、私は行政書士試験をはじめ、先述した宅建試験、ファイナンシャルプランナー技能士試験、住宅ローンアドバイサー試験に合格しましたが、それらの試験勉強の中で感じた気持ちの持ち方や勉強のやり方は、この合格ノウハウ本に書かれていることと見事に合致します。

また具体的には、山口さんが“地雷”と呼んでいるいわゆるひっかけ問題や
正確な理解と応用力を試す問題への的確な対処方法や、
マーカーはどの語句に引き、どのように使うのかまで記載されていて、
まさに至れり尽くせりの合格ノウハウ本になっています。
さらに、特典で山口さんが開発した記憶術も手に入れることができます。
これもこの合格ノウハウ本を手に入れた方が応用して利用できるようになっています。
資格取得学校に行きたくても時間がない、
またはお金がかかりすぎると思う方は、
この合格マニュアル本を素直に活用すれば、
必ず良い結果が出ると思います。
独学は、時として不安になるものです。
しかし、この合格ノウハウ本を合格への羅針盤とすれば、
希望の港へ着けると思います。

            【行政書士・山本幸一 様(52歳)  福岡県北九州市】 




宅建独学合格勉強法

宅建 独学


誤解のないように言っておきますが、私は・・・

宅建を独学で一発合格したというと、

「あなたはもともと頭がよかったんだろ?」
「法学部出身でもともと法律に詳しかったんじゃないの?」

などと思われるかもしれません。

しかし、私は経済学部の出身ですし、
そこで学んだ経済学の知識すら忘れているような記憶力の乏しい男です。

それだけではありません。

実は、過去には次のような情けないエピソードも持っているのです・・・。



宅建独学合格勉強法

宅建 独学


こんなチキンハート野郎のエピソードをどうぞ笑ってください。

実は、私には宅建を受験するどころか、
勉強すら早々に挫折してあきらめた情けない過去があります。

私は宅建を取った当時にいた会社の前に、別な不動産会社に在籍していました。

そこでも一度、宅建を取ろうとして
本屋さんでテキストを買ったのですが、

あまりの分厚さ、そして重さに圧倒されてしまい
それだけで勉強を挫折してしまったのです。


しかし、さすがに「それじゃダメだ」と思い直し、
その分厚いテキストを出題分野別に引っぱがして

軽くするという工夫をしました。

そしてそれを持って通勤電車の中で見るようになったのですが、
ある日、その本の背中についていた糊(のり)が弱くなって
何枚かはがれてしまい、

それが電車の床に落ちて他の人に踏んづけられて
靴のあとがついてしまったのです。


(※引っぱがして軽くしたといっても、それなりのページ数はありましたので
ホッチキスがとまらず、そのままで持ち歩いていたんですね。)

それを見ただけで勉強をする気がしなくなり、
その紙を拾いながら、「やーめた。」と心の中でつぶやき
二度と勉強しなくなってしまったのです。

まあ、今思えば勉強しない言い訳を探していたんですよね・・・。

それくらいの根性なし、チキンハートな私だったのです。

どうぞ、笑ってもらってもいいですよ。事実なので。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


こんな私でも独学一発合格できた理由とは・・・?

はい、そこは当然、気になるところですよね。

それは言ってしまえば

「ある単純な方法」に気づいてそれを実行しただけ。

たったそれだけのことなんです。

というか、当時はそれしか方法がなかったと言ってもいいでしょう。

なにしろ、新しい不動産会社に就職したばかりで
仕事に慣れることで精一杯の状態。

その頃、すでに宅建の試験まで75日くらいしかありませんでした。

おまけに、毎日13時間30分を仕事に拘束されていましたから
資格学校の講座に行けるような時間もなかったですし、
そもそも安月給で、高額な受講料など払える状況でもありませんでした。

さらには、さきほどのエピソードのように、根性すらもない・・・。

それでも、この「ある単純な方法」に気づいたおかげで
あっさりと独学で一発合格してしまったのです。

こんな私でもできた方法なので、
あなたがこの方法を知って使えば、それだけで
宅建の合格はもう射程圏内と言ってもいいでしょう。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


「いやいや、そんな簡単には受からないって。 そんなこと信じられるかよ!」

そう思う気持ちもわかります。

しかし、誰が何と言おうとこれは事実です。

そして、私の経験から言えば、

毎日忙しくて資格学校に行けない、
また高額な受講料を払えるゆとりのないという人が
独学で宅建に合格できるかどうかは
単にこの「ある単純な方法」を知っているか、いないか。
ただそれだけなんです。


しかも私の場合は、
この方法を実行する最初の段階ではテレビドラマを見ながらという、
およそ勉強とは言えないようなスタイルだったのです。

さらに言えば、初めて過去問をやったときの採点結果が

「9点」

ですよ。「9点」。

ある一つの選択肢、たとえば3番なら3番だけを
問1〜問50までの全てに解答としてマークしただけでも
3割(15点)前後取れると言われているのに、9点。

運も実力もないにもほどがあります。

それでも、75日後には
不動産のプロとしてのパスポートである
宅建に合格してしまいました。

「そんな非常識なことがあるもんか!」

確かに、非常識かもしれません。

資格学校に行く金なし、試験本番までの時間なし、根性なしの人間が
独学で、初めての受験で宅建に合格できたのですから。

しかし、そうして合格してみて私は思ったのです。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


「資格学校の講座を受けないと宅建に合格できない」 という世間の常識こそ、全くの神話で非常識だ!

独学については

「最新の傾向と対策の情報が入ってこないから不利」
「自己流だから、本来押さえるべきポイントを間違うので無駄が多い」


などなど、とにかく
あまりよくない選択肢のように言われている風潮があります。

私も、さんざん先輩や同僚から言われました。

しかし、それが事実なら
どうして根性なしの私が合格できたんでしょうか。

私は思いました。

『独学はよくない』というのは
資格学校が商売で受講者を増やすために作った神話じゃないのか?

と。

ご存じの通り、
宅建は資格試験の中でも最も人気の高いものの一つで
毎年の受験者数も、他の資格試験の受験者に比べて群を抜いています。

そのマーケットを
資格試験の学校が目をつけないはずはないですよね。

だから、彼らが「商売のために」、つまり講座の受講者を増やしたいために
「独学はよくない」という神話を作って世間に広めたとしても
何ら不思議はないんです。

もちろん、資格学校が素晴らしい情報やノウハウを持っていることは認めます。
ですが、宅建のレベルであれば
何も「独学はよくない」という“ウソ”を風潮にする必要はないじゃないかと
私は自分が独学で合格してみて思ったのです。

だから、「資格学校の講座を受けないと合格しない」という神話にだまされないで
本当によかったと胸をなでおろしたものです。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


それに、資格学校では 次の「大事なこと」を一切話しません。それは・・・

資格学校も商売ですから、受講者がいないと話になりません。

ですから、とにかく受講者を集めることに必死です。
その証拠に、資格学校は不動産会社をはじめとする
いろんな企業に営業の電話をかけまくっています。

そんな調子で、とにかく数を集めたいわけですから

「これを言うと受講者が集まらない」というような話は一切しません。

中でも、私が「これを言わないのはフェアじゃないんじゃないか」と
思っていることがあります。

それは、

「宅建に合格した後の登録費用」

の話です。

東京都の場合、その費用は37,000円します。

いいですか、37,000円ですよ。
1,000円や2,000円の話じゃないんです。

ついでに言えば、
主任者証の交付手数料は4,500円です。

合計、41,500円。

晴れて合格しても、
その後の登録の際、そして主任者証交付の際に
これだけの高額な費用がかかるという事実は
資格学校では一切語られないのです。


なぜなら、これは「宅建に合格する」ための話ではないから。

と言われれば確かにそうですが、
しかし、この事実を事前に知っていれば
資格学校の講座を受けることをためらった人も必ずいると思うんです。

資格学校の講座の受講費用に
さきほどの41,500円をプラスしたら、
それはもうバカ高い金額になります。

そう思われたら受講者が増えないので
資格学校はこの事実をひたすら話さないのです。

しかも、登録に際して2年以上の実務経験がない場合には
登録講習を受けてからでないと登録ができません。

その費用はだいたい35,000円前後。

ただ、その登録講習については、資格学校は告知しています。

なぜなら、その資格学校が各都道府県の指定の登録講習機関になっているから。

つまり、自分たちの商売になることだからです。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


だから私は、講座に費用をかけずに短期間の独学で 合格できることを伝える決意をしたのです。

本来、私は引っ込み思案な性格です。

ですが、
あまりにも「独学」がよいイメージで扱われていない。
それどころか
「独学で頑張ろうとする人」を馬鹿にしているような雰囲気すらある・・・。

そういう状況を見るにつけ、
いてもたってもいられず、このサイトを立ち上げる決意をしました。

もちろん、資格学校には資格学校のいいところもあります。
それについては異論はありません。

しかし、宅建を受験しようという人の中には
かつての私、そしてあなたのように、
毎日仕事で忙しくてとても講座に通う時間がなかったり、
いろんな都合で高額な受講料を払えない人も多いんです。

それでもなんとかして宅建に合格したいと願っているんです。

それなのに、そういう人たちをあざ笑うかのように
「講座を受講しないと宅建には合格しない」というような神話が
大手を振って歩いている状況を、私はなんとかしたかったんです。

だからこそ、
短期間の独学で宅建に十分合格できることをお伝えして
あなたの助けになれればと思い、勇気を出してこのサイトを立ち上げました。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


では、「ある単純な方法」とは、何なのか。

私が実行した方法は、言ってしまえば

@あるテキストを適当に読む(私の場合、テレビを見ながらでした)
A過去問と予想模試をする
B試験当日、実力が発揮しやすい過ごし方をする

たったこれだけです。

「たったこれだけって・・・それで本当に合格できるの?」

はい。

それに、これ以上いろいろやることが出てくるなら
そもそも「単純な方法」とは言えません。

「でも、具体的にいつ、何をどこまでやればいいの・・・?」

はい、それをあなたに直接お教えできればいいのですが、
私もいろんな仕事を抱えているためなかなか時間が取れる状況にありません。

そこで、短期間の独学で宅建合格したいというあなたのために
私の宅建スピード合格法を詰め込んだマニュアルを執筆いたしました。


このマニュアルには、さきほどの「ある単純な方法」の全てが
誰にでも理解しやすいような形でおさめられています。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


その内容の一部を紹介しますと・・・

根性のない私でも独学で一発合格できてしまった「ある事情」とは?

私が当時抱えていた事情を知れば、どんなにお金や時間がなくとも工夫次第で十分宅建に独学合格できることがわかりますので、あなたも独学での合格に大いなる勇気が湧いてくることでしょう・・・。

ネットで検索して出てくる数多くの「宅建情報サイト」に仕掛けられている、「独学希望者を陥れようとしている“卑劣な罠”」とは?

宅建試験に関する細かい情報を提供しているサイトは一見、親切に見えるのですが、実はそのサイトの多くにこの「罠」が仕掛けられているのです。その「罠」が何なのかをあなただけにお教えしますので、今後はどんな宅建情報サイトにも騙されないで済むでしょう。
というか、そのようなサイトはもう見なくてもよくなるはずです・・・。

分厚いテキストに萎えてしまったチキンハートな私でも、その圧倒的な“覚えるべき情報量”をあっさりクリアできた「ある秘策」とは?

さきほどお話しした通り、私には分厚いテキストの前に宅建の勉強を断念した情けない過去があります。しかし、その失敗のおかげで、この「ある秘策」に気づいたのです。この秘策を実行すれば、あなたもその圧倒的な“覚えるべき情報量”を気にすることなく気楽に宅建の勉強を進めていけることでしょう・・・。

その「ある秘策」がたった10日でできてしまう、あきれるほど簡単な学習のメカニズムとは?

あなたは、あまりの簡単さに「そんなことで本当にいいのか?」と怒り出してしまうかもしれません。しかし、読めば読むほどその方法が実は非常に理にかなっていることがわかり、ストレスがかからないのに効果的な学習を進めていけることをリアルに感じることができるので、早くこの秘策を使いたいという衝動に駆られるかもしれません・・・。

テキストの重要な用語にただ何気なくマーカーを塗っていても意味がありません・・・学習効果を最大限に高める「マーキング“ベストスポット”の法則」とは?

実は、宅建のテキストにマーカーを塗る場合にはここでお話ししている「ベストスポット」に引かなければ意味がないといってもいいでしょう。これを知るだけで、あなたは最低3点は上乗せできるスキルを身につけられるはずです・・・。

私がマーカーを塗るついでにやった、学習効果最低2倍を保証する「ある単純な作業」とは?

これは本当に「ついでに」やっただけなのですが、これで学習効果は本当に2倍になりました。この、たった10秒あればできる作業で、一度の勉強で二つ以上の知識を会得できてしまう楽しさを味わってください!

私が初めて過去問をやって気づいた「宅建合格への最短距離を行く方法」とは?

これに気づいたからこそ、私は75日間で一発合格できたと言ってもいいでしょう。この方法を知らない人を横目に、あなただけは今日から誰よりも“省エネ”な学習をして、スマートに「独学合格」を手に入れてください・・・。

最初の過去問をやった結果が「9点」だった私でもわずか50日で過去10年間の過去問全て、そして予想模試で45点以上を取ることを可能にした“地雷の除去作業”とは?

これは、私のお教えする宅建合格法のキモの一つでもあります。この「地雷の除去作業」をするだけで、あなたはどのような問題が出されようともすぐに対応できる力がつくようになり、何の不安もなく試験本番にのぞむことができるでしょう・・・。

間違えて理解していたところやあいまいに理解していたところも一発解決してしまえる「ある単純なノート術」とは?

このノートの取り方をするだけで、その間違えた理解、あいまいな理解はなくなり、しかも単なる知識ではなく、実際の試験に生かせる知識として習得できます。このノート術で、あなたは苦手が克服できるだけでなく、合格スキルがどんどん身についてしまうという一石二鳥を味わえるようになるでしょう・・・。

資格学校が言う「最近の出題傾向やトレンドを見極めるべき」というメッセージを無視してよい理由とは?

このようなことを言われると不安になるかもしれませんが、これは全く気にすることはありません。その理由を明確に示しますので、あなたは迷うことなく独学合格へ一直線に進んでいってください・・・。

私があるプロスポーツの指導者と会って気づいた「試験勉強の本質」とは?

全くの偶然ですが、その指導者の練習方法の理論とこのマニュアルでお話ししている私の試験勉強の理論は共通していたのです。この話を知れば、あなたは私の学習法が間違いではなく、むしろこの方法でなければ意味がないということを確信でき、自信を持って独学一発合格に向けてまっしぐらに突き進んでいくことができるでしょう・・・。

私が勉強の効率化のために唯一捨てた科目とは?

正直、この科目だけは私は捨てましたし、その経験上、あなたも捨ててもいいと思っています。ここの勉強に時間を費やすくらいなら、他の科目で確実に1点、2点を積み重ねたほうが得策です・・・。

「用途地域と、その用途地域で建てられるものの制限」「開発許可が必要な場合・不要な場合」「防火地域と準防火地域」「建ぺい率と容積率」の具体的な攻略法とは?

これらはいわゆる「暗記モノ」の領域ですが、私はオリジナルな方法で楽しく攻略しました。暗記が苦手な私でもできたその方法を公開しますので、あなたもこの方法で、楽しみながらいつの間にか覚えてしまう感覚を体験してください・・・。

私が「民法と宅建業法」を重点科目と考えなかった理由とは?

このように言うと驚かれるのですが、事実なので仕方ありません。これは私の経験に基づく考え方であり、ある意味論理的でもあります。この考え方で一発合格できましたので、
あなたも自分の勉強方針の参考にしてください・・・。

i Podで聴く教材や講義DVDに一切頼る必要がない理由とは?

これは、私の中に「明確な理由」があります。全く意味がないとまでは言いませんが、いくら聴いたり見たりしたところで「学習効果」は上がるかもしれませんが「試験に受かる効果」は薄いのです。これを知って、そのようなものに無駄なお金を払わずにスマートに合格を勝ち取ってください・・・。

私・山口流の「予想模試の活用テクニック」とは?

何ら難しいことはありません。これをやるだけで、私は試験当日を万全に過ごせた。ただそれだけのことです。この秘策をあなたも知って、本番直前の詰めを万全に行なっておいてください・・・。

試験本番時に脳も体もベストな状態に持っていくことのできた、山口流「朝がっつり&ダブルヘッダーの術」とは?

これは試験当日の過ごし方になりますが、このような術を使ってうまく準備することで、脳も体もベストな状態で試験時間の2時間を過ごすことができました。ぜひ、この術を実行して、あなたが頑張ってやってきたそれまでの勉強の効果を試験時間内に120%発揮できる状態になってください・・・。

資格学校では絶対に語られない、試験会場付近で待ち受けている「大いなる敵」とは?

これは、絶対に資格学校では語ってくれません。きっと、独学で合格した私だけしかお話しできないことかもしれません。この「敵」の情報と対策をお話ししますので、あなたは思わぬ敵の登場に慌てることなく試験への集中を切らさずに本番を迎えることができるでしょう・・・。

私が得意科目からではなく「問1」から解くことをおすすめする理由とは?

それは私が受けたときの経験によるものですが、その経験の全てをあなたに公開します。これであなたはどんな試験問題の出され方をしてもパニックにならないで済み、落ち着いて問題を解いていくことができるでしょう・・・。

不動産会社勤務者だから引っかかってしまう「罠」とは?

私の経験上、過去にこんな問題もあったという裏話をお教えします。これは「業界人の慣れ」を突いた、姑息な問題です。こういう問題があることを知っておけば、あなたもよりいっそう万全な試験対策ができるでしょう・・・。

私が試験本番中に使っていた、集中力を最大限に高めてくれる「あるアイテム」とは?


もちろん、それを持ち込んでも試験官に使用を注意されることはありませんでした。ですので、あなたもこのアイテムのサポートを受けて、試験本番を過ごしてみてください。ちなみに私は、その効果には非常にびっくりしました・・・。

このような内容を、A4版180ページに収めました。


まだまだありますが、あまり長くなり過ぎても
あなたが疲れると思いますのでこのくらいにしておきます。

このマニュアルの内容を知って実行すれば、
あなたは今の状態からでも
独学で念願の宅建合格をスピーディーに勝ち取れることでしょう。
早めのスタートが肝心です!


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


「でも、そのマニュアル、いくらするの・・・?」

はい、ここであまりお金がかかってしまっては
あなたを応援することになりません。

もちろん、資格学校みたいなバカ高い値段をいただくつもりはありません。

しかし、「単純な方法」ではありますが、
あまり軽く見てもらいたくないという気持ちがあります。

このマニュアルには
私が全くのゼロの状態から試行錯誤の末に宅建独学一発合格を勝ち取った、
そのノウハウの結晶を全て詰め込んだという自負もあります。

そういったことを考えた結果、
独学での宅建合格を本気で目指す方なら誰でも購入できる価格
でお譲りすることにしました。

ただし、本日現在であれば
受験応援キャンペーン価格として、
定価から3,000円を差し引いた価格で手に入れることができます。

今回のマニュアルには、「資格学校の神話に屈しないでほしい」という思いを込めて、
「宅建に独学で一発合格する方法」の全てをまとめてあります。

ですので、

「宅建講座に通うお金がない・・・」
「残業続きで勉強時間がない・・・」

とお悩みの方には最適な方法であると確信しております。

なお、商品の性格上、サポートがありますので
先着100名様で販売を終了とさせていただく予定です。

もし、あなたが短期間の独学で宅建に合格したいとお考えであれば、
今すぐ試してくださることをおすすめします。

冊子配送版お申し込みの場合は冊子製本・送料を合わせて
別途2,850円がかかります。
(代金引換も承ります。この場合代金引き換え手数料350円がさらに追加されます。)



宅建独学合格勉強法

宅建 独学


申し込みの前に、次の2つの約束をしてください。

約束1
勉強を途中で投げ出さないこと。
このスピード合格法の通りに勉強すれば、今からでも宅建に十分合格できる力が身につきます。
しかし、それは勉強をしなくていいという意味ではありません。
勉強を投げ出してしまう人には、さすがに手を貸すことはできません。
ですから、投げ出す可能性が少しでもあるのなら、絶対に申し込まないでください。

約束2
今年度の宅建試験を必ず受験すること。
「自信がないから・・・」「どうせ今の力じゃ合格しないから・・・」と言って、せっかく受験申し込みをした宅建試験の受験を放棄するようなことは決してしないでください。

少しでもその可能性があると思うのでしたら、やはり私はお役に立てませんので。


あなたが上記の二つのお約束ができるという場合、ダウンロード版・冊子版とも、お申し込みの方は下記のボタンをクリックして手続きを行なってください。


お支払い方法について
●クレジット決済を選択された場合、送信されたカード情報が私たちに開示されることはございません。

●決済は、オンライン情報販売大手の「インフォトップ」社の決済システムにより行なわれます。
「今すぐ購入する」ボタンをクリックしますと「インフォトップ」社の決済フォームが出てきますので指示に従って必要事項をご入力ください。

●入力後送信される情報は全て最新の技術により暗号化されています。ご安心ください。

商品のお届け
●クレジットカード決済の場合は決済終了後すぐにダウンロード方法をお伝えします。

●その他の決済の場合には、「インフォトップ社」に入金確認後にダウンロード方法をお伝えします。

●冊子配送版をご希望された方には本編と、特典1〜3を一冊にまとめてお届けします。配送はゆうパックの予定です。お届けは決済完了時から3〜5営業日後(代金引換の場合はお申し込み完了から3〜5営業日後)を予定しています。伝票の品名欄には具体的な商品名を記さず「冊子」と記載しますのでご心配には及びません。

ご注意事項
1.このマニュアルの効果は私・山口貴志の正規品を読んで実行していただいた場合に限ります。

2.同業者、資格学校関係者の購入・転売目的の購入は固くお断りします。
発見した場合には相応の法的手段を取る場合があります。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


山口式7大特典

今回ご購入の方には次の特典をおつけします。
特典1
厳選!宅建後苦学一発合格お役立ち本・サイト集
私が独学で宅建合格をめざすあなたのために厳選した本やサイトなどを、
補足説明をつけてご紹介しています。
あなたの勉強を大いにサポートしてくれると思います。

特典2
私が試験勉強に使った「ある記憶術」
宅建試験の問題には、知識の応用ではなく、
「単にその知識を知っているかいなか」を問う問題がいくつか出されます。
それにはある程度の暗記が必要になってきますが、
その際に役立つのが、この記憶術です。

といっても、記憶術の論理を紹介するだけの、意味のないものではありません。
具体的にどの出題分野をどのような術を使って記憶するのか。
それを実例とともに紹介していますので、
非常に実践的で役に立つものではないかと思います。

暗記が苦手だった私もこれで記憶できて、
得点が4点ほど上乗せできましたので、きっとお役に立つと思います。

ちなみに、それほど難しいことではありません。
第一、この記憶術の習得に時間がかかっているようだと
本来の試験対策に時間が回せませんからね。
特典3
まったく同じ方法で合格できる、
もう一つの資格の紹介

実は、このマニュアルに書かれている方法と全く同じ方法で、
私がもう一つ合格した資格があります。その資格が何かをご紹介します。
このマニュアルが、単なる宅建合格のためではなく、
他の資格の独学勉強にも応用できることが十分おわかりいただけることでしょう。
特典4
前年度宅建試験問題の
“山口式”解答と解説

前年度試験問題の解答と解説はすでに資格学校等で出回っておりますが、
ここでは私しか語れない「山口式」をふまえての解答と解説を行なっています。
したがって、これを確認することで「山口式」の具体的なスキルがわかり、
あなたはどこに気をつけて正答を導き出せばよいかがすぐにわかることでしょう。
特典5
合格者5,000円お祝い金
プレゼントキャンペーン

このマニュアルを通じて今年度の宅建試験に合格された方は
このキャンペーンにご参加いただくことができます。
ご参加いただいた方には5,000円のお祝い金を差し上げております。

詳細はマニュアル本編にて。
ぜひ、今年のうちに宅建合格を勝ち取ってください。


本当に独学でも宅建に合格できるの・・・?
ここまで読んでいただいても、まだ、そのように思われる方もいるかもしれません。

そこで、そのご不安を解消すべく、
次のような提案をさせていただきます。

特典6
メールサポート
(本年度の宅建試験日=10月第3日曜日まで)

もし、購入後、商材についてわからないことやご質問等がありましたら、
お気軽にメールでご連絡ください。

実際に独学で一発合格した私が全力でサポートさせていただきます。

■サポートの期限:本年度宅建試験日まで(10月第3日曜日まで)
■サポートの回数制限:上記期間内であれば無制限

※メールサポートは、都合により期間限定の特典となります。
希望者が多く、サポートの質が保てないと判断した場合、
また予定人数に達した場合は、予告無く新規の受付は終了しますので
ご了承ください。

特典7
購入者通信(メールマガジン)の配信
今年度の法改正への対応など、宅建合格を勝ち取るための旬の話題や試験直前対策など、マニュアルの実践効果をさらに高める情報をメールマガジンで配信します(配信は不定期)。
ここでもあなたの試験勉強をしっかりサポートしていきます。
すでにマニュアルを実践されている方からとても内容がためになると好評をいただいております。



宅建独学合格勉強法

宅建 独学


まだ申し込みをお悩みですか? それでは、さらにこの特典をお付けします!

スペシャル特典
本年度宅建試験不合格の場合の責任サポートについて
<責任サポートの対象となるものについて>
本商品の内容に沿って学習され、次の10月第3日曜日に実施される宅建試験を受験された結果不合格であった場合には、
●実際に受験した事実(受験票のキャプチャ画像、試験問題表紙のキャプチャ画像)
●あなたの50問全ての解答結果(選んだ選択肢)
を示してご連絡ください。

宅建試験に合格するまで無期限でサポートを延長させていただきます。


<ご連絡いただく期日について>
ご購入いただいた年の12月10日までにご連絡ください。ただし、上記の条件を満たす方に限ります。

<ご連絡方法について>
メールにてご連絡ください。メールを確認次第、責任サポート開始の旨を折り返しメールにて返信いたします。

不合格のご連絡先アドレス: sapo■☆75takken-pass.net 
株式会社ユートップノアー(★■を@に変えて送信してください)
※決済会社であるインフォトップは商品を販売するシステムを提供いたしておりますが、販売者ではないため上記の対応を直接行うことはできません。したがって必ず弊社にご連絡ください。


なにより、私の使命は
「あなたが宅建に独学で合格してもらうこと」
です。
そのため、このような保証をつけました。

他のサイトでは返金保証を付けているようですが、いろいろ厳しい条件を付けていて、明らかに「返金要求させない」ことを意図したものが多いようです。

私のところにもそのような被害を受けた方から「サポート保証に感謝します」というメールを何通かいただいています。だからこそ、サポート保証は返金保証よりも意味があると確信しています。

いかがでしょうか。
これで迷いがなくなったら幸いです。
ぜひ、このマニュアルで今年の宅建に合格してください。


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


よくいただく質問をQ&A形式でまとめました。

Q.本当にこの方法で合格できますか?

A.もちろん、この方法を知っただけで何もしなければ合格はしません。
そして、誰でも100%合格できるというようなウソも言いません。
ですが、事実として根性なしの私でもできて、そして実際に
合格しましたので その点を参考にしていただければと思います。


Q.短期間といいますが、標準の勉強期間は何日くらいなんですか?

A.私の場合は75日でしたが、私は金なし・暇なし・根性なしだったから
このくらいかかってしまったのです。そうでない人であれば、
試験本番まで60日ほどあれば、十分合格できる方法だと思います。


Q.一日どのくらい勉強するのでしょうか?


A.これは段階的に違うのですが、
いちばん短い段階で1時間、長い段階で2時間30分くらいです 。


Q.出題分野をまんべんなく勉強する方法ですか?
それとも、試験に頻出する分野のみの勉強ですか?


A.結論としては、出題分野を全てまんべんなく勉強する方法になります。
ただ、あえて一つの分野だけは捨てています。
これは、勉強の労力の割りに配点が少ないと考えるからです。


Q.独学では市販のテキストを使うと思いますが、何冊くらい
買うのでしょうか?



A.最低3冊(テキスト、過去問、予想模試)があれば問題ないです。
おそらく合計でも7千円もしないと思います。
資格学校の講座費用と比較すれば、安さは一目瞭然です。



宅建独学合格勉強法

宅建 独学


合格者の声です

『おかげさまで私も合格できました!』
 佐々木 育見 様 (静岡県・会社員) 


このようなことをこの場で公表するのはちょっと恥ずかしいのですが、
実は私、宅建の試験に5回挑戦し、5回とも落ちました。
そして、その度に反省を繰り返しました。

勉強時間が足りなかったから……、
古いテキストで勉強していたから……、

いつも試験直前にならないと勉強を始めなかったから……、
このように落ちた理由はいくつでも思い浮かんできます。

ちなみに、それまではお金をケチって、一回目の受験時に購入した数冊のテキストを使ってずっと勉強していました。
しかし、どうすれば合格できるのか、さっぱり見当がつきませんでした。

そんな時に出会ったのがこの教材です。

書店のテキストと比べると、正直この教材の価格は「ちょっと高いかな……」と思いました。
しかし、予備校に通えば何十万もかかるわけですし、毎年払う受験料や時間的なロスを考えれば、このくらいの出費は安いものです。

そこで思い切って購入することにしました。
教材が手元に届くまで不安いっぱいでした。

しかし、届いた教材を開いてみると、今まで私の頭を悩ませていた解決法がていねいに解説されており、抱いていた不安は払拭されました。

例えば、独学で合格をするためには、数あるテキストの中からどのテキストを選べばいいのか。
これは独学で宅建に合格しようとする人が、真っ先につまずく課題です。

しかし、この教材の中には、どのテキストが独学に適しているのか、ズバリ紹介されています。

そして、そのテキストをどのようにして使い、どのようにして重要なポイントを覚えこんでいけばいいのか。

私はこれまで、テキストの中から大切だと思われる箇所にマーカーを引いて、ひたすら暗記しようとしていました。

しかしそれが間違った勉強方法だったことが分かりました。

重要なポイントをどうやって見つけ、それをどのように書き出し、頭の中に短時間でタタキ込んでいくのか。

山口さんが、合格するために見つけ出したノウハウが丁寧に紹介されています。

さらに、試験前日には何をして、試験当日には何をすればいいのか。
宅建に一発で合格した山口さんだからこそ知っている秘訣までも紹介されています。

山口さんの教材にしたがって勉強をしたところ、面白いように頭の中に重要なポイントが入っていきました。

そして、こんな私でも、やっと合格することができたのです!

もっと早くこのノウハウを知っていれば、
これまで苦労はしなかったのに…。
どうもありがとうございました、山口さん。




「他の人には教えたくない勉強法です」
 ふぁるこ 様 (埼玉県・事務職)


少しイジワルかもしれませんが、『この本を人に教えたくない!』という気持ちです。

私は、今、不動産会社勤務ではありませんが、将来のために宅建の勉強をしていました。

これまで、自分なりに勉強をしてきましたが、やはり様々な知識が必要で、そう簡単ではありませんでした。

ちょうど勉強に嫌気が差していたところでしたが、この教材に出会ってからは、モチベーションが一変しました。

何よりこの教材は、「分かりやすい」のです。

結局、人というのは怠けたがる生き物なんです。
どうやって簡単に合格できるかを知りたいのです。
つまり、まわりくどく書いてある本なんか読みたきゃない訳でして。

しかし、この教材はページ数は多いものの、合格に必要なノウハウがきちんとまとめられているので、スラスラ読み進められます。

そして、立場が共感できます。

何事においても、自分と同じような境遇の人がどのように勉強を進めたかは貴重な情報です。

なぜなら、ノウハウ本の中には「あんたみたいな頭が良くて、地道な努力が出来ればそりゃ成功するだろう」というものが多いように見受けられるからです。

教材の中にも、山口さんのエピソードが出てきますが、私と似ていて本当に怠け者です(笑)それでいて、山口さんは一発合格者なんです。

時間のない環境で、どのように効率的に勉強すればいいか分かりました。
そして、「実践で役立つテクニック」が満載です。

私は、今不動産会社勤務ではありませんので知りませんでしたが、
業界のひっかけ問題が存在することを初めて知りました。

これは、不動産会社勤務の山口さんだからこその
知識ではないでしょうか。

それ以外にも、暗記物の学習に万能的に向いているのでは?
という学習方法などが紹介されています。

こんな私でも、宅建合格までの道筋がハッキリ見えてきました。
早く試験を受けたい気分です。

これから宅建を受ける人は、この教材を読めば、
多分私と同じ思いになるでしょう。



「時間がない私にぴったりです」
 林田 泉 様 (大阪府・主婦、学生)


何かを学ぼうと思ったとき、やっぱり重要なのは時間と金銭的な
部分だと思います。

まして私は主婦と学生、おまけに仕事も抱えているので、すべての面で
絶望的でした。

そんな時に出会ったのがこのマニュアルです。
まず著者の山口貴志さん自身が私と同じように、時間も金銭的な余裕もなかったとあって、なんだかとても親近感がわきました。

けれど、独学と聞いた時に、やる気が今はあったとしても、
そのモチベーションが維持できるかどうかが心配にもなりました。
すると、冒頭からその心配を吹き消すような「独学一発合格の3ステップ」が紹介されていました。

「たったこれだけ?」と、思わず拍子抜けしそうになりましたが、
そのステップひとつひとつの内容の詳しい解説を読み進めているうちに、思わず「うん、うん」と、うなずいている自分がいました。

よく、学習方法のコツを記している本はありますが、このマニュアルではそれ以前の段階の「コツをつかむためのコツ」から丁寧に書かれているような気がします。

また、「知識を身につけるよりも先に身につけなければならない、スキルとは何か?」など、知りたかったこととともに、その意味がすぐに理解できるように、ごく分かりやすい言葉で書かれているのも印象的でした。

各項目が的確な短い文章でまとめられているので、あとで読み返した時に知りたいことがどこに書いてあるかすぐにわかるのも便利です。

75日で合格したという自身の体験に基づいて書かれているため、何日間で何をすべきか、逆にしなくていいことまで書かれているのも現実的でよかった部分の一つです。

付録の合格までのフローチャートでも、その手順を再確認できました。
特典のお勧め本やサイトの紹介、記憶術やこの方法で合格できるもう一つの資格などもうれしい限り。

主婦は「おまけ」や「お得な」情報には弱いものです。

最後に、いちばん良かったのはこのマニュアルのボリュームです。
そういえば最初にこのマニュアルに書かれていた内容と重なることに、
今、気がつきました。



「苦痛だった宅建の勉強から
               解放されました」

 ネオ様 (千葉県・主婦)


主人が業務の都合上宅建も必要(マンション管理士は取得済)ということで、それならば一緒に宅建をとろう。

1人で立ち向かうよりも、2人の方がライバルが居ていいよね。そんなきっかけで宅建の勉強を始めました。

しかし、宅建の本はどれも分厚いものが多く、法律関連の勉強を大学でして来なかった私はどんどん置いてけぼりに。

主人の足を引っ張りたくない、そして、絶対合格したい。ひとりだけ落ちるのは嫌だ。

毎日数時間、それこそ、主人に負けたくない一心で睡眠時間を削って夜中3時頃まで結局1人で勉強する日々に…。

でも、この本を読んで意識が変わりました。
そう私は何もわかっていなかったのです。

知識を詰め込むだけの勉強法だった私。
これでは時間がいくらあっても足りないわけです。

効率よく学びたい、独学で合格したい、そう思ったら、このマニュアルに書いてあることだけでOKなのです。

それはとてもシンプルな方法でした。
だけど、マニュアルを読み終わった後、今まで苦痛ともいえる勉強から解放され、私は確実に宅建を好きになりました。  

記憶術で、すんなり頭に入ってくるようになりましたし、楽しみながら覚えることの嬉しさも知りました。

「そうか、そうだったのか、私は宅建の勉強法がわかっていなかったんだ」
そう認識した私。テキストの見方も勉強の仕方も問題文の読み方も変わりました。

今では宅建のテキストを開くのが楽しいと思えるほどになりました。
今までの勉強法とは異なり効率よく勉強することができるようになり、
その分、時間にも気持ちにも余裕が出来ました。

このマニュアルを読んで一番大きく変わったところは、見る場所が変わったということ。

「今までとちょっと、ほんのちょっと視点を変えただけでこんなにも違いがあるんだ」と正直驚きました。

この勉強法なら無理なく合格出来そうです!!


宅建独学合格勉強法

宅建 独学


最後に、山口からひとこと。

これまで「短期間の独学で宅建に一発合格する方法」についてお話ししてきました。

まだ申し込みを迷っているかもしれませんが、
同時に、迷っている間にも宅建試験までの時間が刻一刻と迫っていることを忘れないでください。

つまり、
今この瞬間に決断するのが一番早いのです。

決断が早ければ早いほど、この方法の効果は上がります。



ぜひ、私と二人三脚で今年の宅建合格を勝ち取りましょう。

あなたの申し込みを心からお待ちしております。

では、最後までお読みくださり、本当にありがとうございました!




宅建独学合格勉強法

宅建 独学

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。